トヨタなど、京浜臨海部での低炭素水素活用に向け検討開始

自動車 ビジネス 企業動向
京浜臨海部での低炭素水素活用実証プロジェクトによるサプライチェーン(イメージ)
  • 京浜臨海部での低炭素水素活用実証プロジェクトによるサプライチェーン(イメージ)
神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車、トヨタタービンアンドシステムは、京浜臨海部での「低炭素水素」活用の実証プロジェクトに向けた検討を開始すると発表した。

今回の実証プロジェクトは、環境省の委託事業である「平成27年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」において、神奈川県の京浜臨海部を対象地域として取り組むもの。再生可能エネルギーを活用した「CO2フリー水素の製造」に加え、その「貯蔵」「輸送」および「利用」も含めた水素サプライチェーンの構築を通じて、水素利活用における簡易な統合的システムを実現し、将来の地域展開と地球温暖化対策への貢献を目指す。

実証プロジェクトのテーマは、「風力発電(ハマウィング)により水を電気分解して水素を製造するシステム」「最適な水素供給を行うための貯蔵と輸送の仕組み」「燃料電池フォークリフトの導入利用」「水素サプライチェーンの事業可能性調査(水素価格、CO2削減量など)」の4つ。

プロジェクトは4年間を予定しており、今年から具体的な検討を進め、2016年4月以降、本格的に実証を開始していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集