岩谷産業に関するニュースまとめ一覧

中部圏水素利用協議会、3県1市および経済3団体と連携…大規模水素社会実装に向け取り組みを加速 画像
自動車 ビジネス

中部圏水素利用協議会、3県1市および経済3団体と連携…大規模水素社会実装に向け取り組みを加速

中部圏水素利用協議会は2月21日、岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市および、名古屋商工会議所、中部経済連合会、中部経済同友会と「中部圏における大規模水素社会実装の実現に向けた包括連携協定」を締結した。

廃プラスチックから水素を製造、次世代モビリティ向け---プロジェクト始動 画像
自動車 ビジネス

廃プラスチックから水素を製造、次世代モビリティ向け---プロジェクト始動

豊田通商と岩谷産業、日揮ホールディングスの3社は12月13日、廃プラスチックをガス化して水素を製造するサプライチェーン構築の事業を検討すると発表した。

高速道路SA・PA初の水素ステーション設置…東名・足柄SA 2023年春 画像
自動車 ビジネス

高速道路SA・PA初の水素ステーション設置…東名・足柄SA 2023年春

NEXCO中日本、中日本エクシス、岩谷産業は、東名高速道路・足柄サービスエリア(SA)(下り)に、2023年春の開業を目指して水素ステーションを設置すると発表した。高速道路のSA・パーキングエリア(PA)に水素ステーションを設置するのは全国で初めてとなる。

CO2フリー水素の大規模サプライチェーン構築へ、日豪6社が事業化調査開始へ 画像
自動車 ビジネス

CO2フリー水素の大規模サプライチェーン構築へ、日豪6社が事業化調査開始へ

岩谷産業、川崎重工、関西電力、丸紅の日本企業4社および、豪州のStanwell社とAPA社の2社は9月15日、再生可能エネルギー由来の水素を大規模に製造・液化して日本へ輸出する「Central Queensland Hydrogen Project」について、事業化調査を共同実施する覚書を締結した。

水素社会に向けての実証実験プラント、神戸で稼働中[フォトレポート] 画像
自動車 ビジネス

水素社会に向けての実証実験プラント、神戸で稼働中[フォトレポート]

川崎重工業、岩谷産業、電源開発などの「CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)」は14日、同機構が実証実験を行っている神戸市の海上輸送基地などをメディア向けに紹介した。

大規模液化水素サプライチェーン確立へ、川崎重工など3社の実証実験をNEDOが採択 画像
自動車 ビジネス

大規模液化水素サプライチェーン確立へ、川崎重工など3社の実証実験をNEDOが採択

川崎重工の子会社である日本水素エネルギー、ENEOS、岩谷産業の3社は、「液化水素サプライチェーンの商用化実証」が、NEDOの公募する「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」に採択されたと発表した。

川崎重工、再生可能エネルギー由来の液化水素サプライチェーン事業化を検討 画像
エコカー

川崎重工、再生可能エネルギー由来の液化水素サプライチェーン事業化を検討

川崎重工業は12月14日、岩谷産業、豪州のフォーテスキューメタルズグループ(FMG)とともに、再生可能エネルギー由来の液化水素サプライチェーンの事業化に向けた検討を開始すると発表した。

トヨタや岩谷産業など9社、水素社会の実現を推進する新団体を設立 画像
自動車 ビジネス

トヨタや岩谷産業など9社、水素社会の実現を推進する新団体を設立

トヨタ自動車など9社は12月7日、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会(JH2A)」を設立した。

トヨタ 内山田会長「本格的な社会実装を推進」…88社が水素バリューチェーン推進協議会を設立 画像
自動車 ビジネス

トヨタ 内山田会長「本格的な社会実装を推進」…88社が水素バリューチェーン推進協議会を設立

トヨタ自動車やエネルギー関連企業など88社は12月7日、水素社会の構築・拡大に取り組むため、「水素バリューチェーン推進協議会」(JH2A)を設立した。今後、需要の拡大といった社会実装への取り組みを強化していく。

水素社会の実現推進に向け新団体設立へ、トヨタなど9社が準備委員会に参画 画像
自動車 ビジネス

水素社会の実現推進に向け新団体設立へ、トヨタなど9社が準備委員会に参画

トヨタ自動車など9社は、水素社会の実現を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会」設立に向け、準備委員会を立ち上げ、具体的な検討を開始した。

電動バイクのバッテリーシェアリングを推進へ 協議会が発足 画像
エコカー

電動バイクのバッテリーシェアリングを推進へ 協議会が発足

関西電力、岩谷産業、日本マクドナルド、読売新聞大阪本社、京都市は9月18日、「脱炭素社会を目指した電動バイクのバッテリーシェアリング推進協議会」を設立したと発表した。

再エネを利用した世界最大級の水素製造施設、実証運用を開始…福島県浪江町 画像
自動車 テクノロジー

再エネを利用した世界最大級の水素製造施設、実証運用を開始…福島県浪江町

NEDO、東芝エネルギーシステムズ、東北電力、岩谷産業の4者が、2018年から福島県浪江町で建設を進めてきた、再生可能エネルギーを利用した世界最大級の水素製造施設「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が完成し、実証運用を開始した。

トヨタなど10社、中部圏水素利用協議会を設立 産業界全体で水素利用拡大を検討 画像
自動車 ビジネス

トヨタなど10社、中部圏水素利用協議会を設立 産業界全体で水素利用拡大を検討

トヨタ自動車など、水素の利用推進に取り組む民間企業10社は3月6日、中部圏における水素の需要拡大と安定的な利用のためのサプライチェーンの構築を目指し、水素の大規模利用の可能性を検討する「中部圏水素利用協議会」を立ち上げた。

岩谷産業、岡山県初の商用水素ステーションを開所 設備のパッケージ化で建設コスト削減 画像
自動車 ビジネス

岩谷産業、岡山県初の商用水素ステーションを開所 設備のパッケージ化で建設コスト削減

岩谷産業は、岡山県内で初となる商用水素ステーション「イワタニ水素ステーション 岡山南」を4月26日、岡山市南区に開所した。

水素ステーション「まず4年で80か所を」…整備新会社の菅原社長 画像
エコカー

水素ステーション「まず4年で80か所を」…整備新会社の菅原社長

燃料電池車(FCV)向け水素ステーションの整備を促進するために自動車業界などが2月に設立した日本水素ステーションネットワーク(略称:JHyM)は3月5日、都内で記者会見を開き、設置目標などを明らかにした。

    1 2 3 4 5 6 > 次
Page 1 of 6