MINI クロスオーバー に上質仕様「パークレーン」…ディーゼルにも設定

自動車 ニューモデル 新型車

MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
  • MINI クロスオーバー パーク・レーン
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、4ドアSUVモデル、MINI『クロスオーバー』に特別仕様車「パーク・レーン」を設定し、9月7日より販売を開始する。

特別仕様車の名称「Park Lane」は、MINIの起源となる英国ロンドンのハイド・パークに面した通りの名前「パーク・レーン」が由来。ハイエンドなホテルや店舗が立ち並ぶ気品のある街並みに相応しく、モダン・ブリティッシュでシックなモデルに仕上げられている。

エクステリアは深みのあるオークレッドのルーフとミラーキャップを採用し、落ち着きのあるアールグレーのボディカラーと鮮やかなコントラストを表現。インテリアもグレーを基調にオークレッドがアクセントとなった専用デザインのインテリアサーフェスがエレガントで落ち着いた空間を造り出している。

また、18インチのアロイホイール ターボファンスポーク、マルチファンクションステアリングやバイキセノンヘッドライトなどを特別装備する。

特別仕様車は、昨秋発表のクリーンディーゼル搭載モデルにも設定。価格はクーパーDが377万円、同ALL4(4WD)が395万円、高性能モデルのクーパーSDが406万円。1.6リットルガソリンモデルのクーパーS ALL4が414万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集