【フランクフルトモーターショー15】ベントレーのSUV、ベンテイガ …最高速は300km/hオーバーに

自動車 ニューモデル 新型車

ベントレーのSUV、ベンテイガの開発プロトタイプ車が高速テスト
  • ベントレーのSUV、ベンテイガの開発プロトタイプ車が高速テスト
  • ベントレーのSUV、ベンテイガの開発プロトタイプ車が高速テスト
  • ベントレーのSUV、ベンテイガの開発プロトタイプ車が高速テスト
  • ベントレーのSUV、ベンテイガの開発プロトタイプ車が高速テスト
英国の高級車メーカー、ベントレーが9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開する新型SUV、『ベンテイガ』。同車が、世界最速のSUVを目指していることが判明した。

ベントレーは2012年3月、ジュネーブモーターショー12に、コンセプトカーの『EXP 9 F』を出品。ベントレーにとって、久々のSUVを提案したコンセプトカーで、SUV市場への参入の可能性を模索するための1台だった。

このコンセプトカーの市販版として、フランクフルトモーターショー15で初公開されるのが、ベンテイガ。ベントレーならではラグジュアリー性とパフォーマンスを併せ持ったSUVとなる。

ベントレーは9月4日、ベンテイガの最新の開発テストの様子を、公式サイトを通じて配信。今回は、テストコースにおいて、開発プロトタイプ車両が最高速の計測に挑んだ。

結果は、300km/hをオーバーする301km/h。ベントレーは、「ベンテイガは、世界最速のSUV」と自信を示している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集