【フランクフルトモーターショー15】シトロエン から「カクタスM」…名車 メアリ からインスパイア

自動車 ニューモデル 新型車

シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
  • シトロエン カクタスM
フランスの自動車大手、シトロエンは9月2日、コンセプトカーの『カクタスM』の概要を明らかにした。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。

カクタスMは、シトロエンの名車、『メアリ』に触発され、メアリの考え方を現代に再現したコンセプトカー。メアリは1968年に誕生。オープンボディのオフロード車は支持を集め、1988年までの20年間に、14万台以上が生産された。

カクタスMは、シトロエンのクロスオーバー車、『C4カクタス』がベース。「どこにでも行ける」をテーマに、オープンエアのクロスオーバー車を提案する。

メアリの特徴のひとつは、ABS樹脂製ボディパネル。カクタスMでは、軽量なプラスチック製ドアを採用。フロントウインドスクリーンも新設計し、メアリのイメージが再現された。

また、カクタスMもメアリ同様、屋根はない。カクタスMでは、「ルーフエクステンション」という考え方を導入。屋根の代わりに、サーフボードやウェイクボードを固定できる設計としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集