ジープ初のスモールSUV レネゲード、9月5日発売…297万円から

自動車 ニューモデル 新型車
ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
  • ジープ レネゲード
FCAジャパンは、ジープブランド初のスモールSUV『レネゲード』を9月5日より発売する。

レネゲードは、ジープ伝統のデザインとパフォーマンスを、全長4255mm×全幅1805mm×全高1695mm(2.4リットルモデルは、全長4260mm×全幅1805mm×全高1725mm)のコンパクトボディに凝縮した、同ブランド初のコンパクトSUV。2014年3月のジュネーブモーターショーで初公開され、その後、欧州や北米などで発売された。日本向けには「オープニング エディション」「リミテッド」「トレールホーク」の3モデルを導入する。

オープニング エディションおよびリミテッドは、最高出力140psを発揮する1.4リットルマルチエアターボエンジンと6速デュアルクラッチATを組み合わせたFFモデル。さらにアイドリングストップを搭載することで、スポーティな走りと15.5km/リットル(JC08モード・オープニング エディション)の低燃費を実現した。

トレールホークは最高出力175psを発生する2.4リットルタイガーシャーク マルチエア2エンジンにスモールSUV初となる9速ATを組み合わせた4WDモデル。強大な駆動力を発揮する「Jeepアクティブドライブロー」や、チェロキー同様のリアアクスル分離機能とパワートランスファーユニット(PTU)を採用。卓越したオフロード性能を発揮する。

安全面では、引っ張り強度が高い「高張力スチール」をボディの約70%に使用することで、衝突安全性能を最大限に高めている。また、車線逸脱警報、前面衝突警報、ブラインドスポットモニターなど、約60点の安全装備を搭載する。

エクステリアは、初代ジープからインスピレーションを受け、ジープ伝統の丸いヘッドライトと7スロットグリル、さらにショートオーバーハング、台形のホイールアーチが際立ちながらも、ジープの新しい時代の幕開けすら感じさせる新鮮なスタイリングとした。インテリアも、エクストリームスポーツからインスピレーションを得たデザインを採用し、遊び心あふれる室内空間とした。

価格はオープニング エディションが297万円、リミテッドが313万2000円、トレールホークが340万2000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ジープ、フジロックで公式パトカー&車両救助サービスを提供…日本未発売の レネゲード も登場 画像 ジープ、フジロックで公式パトカー&車両救助サービスを提供…日本未発売の レネゲード も登場
  • ジープ 3車種に限定車「アルティテュードシリーズ」…ブラックアクセントの特別仕様 画像 ジープ 3車種に限定車「アルティテュードシリーズ」…ブラックアクセントの特別仕様
  • 【ジープ チェロキー マンゴータンゴ 試乗】夕陽色のジープで西へ、「アメ車」イメージくつがえす心強さ実感…鈴木ケンイチ 画像 【ジープ チェロキー マンゴータンゴ 試乗】夕陽色のジープで西へ、「アメ車」イメージくつがえす心強さ実感…鈴木ケンイチ
  • 新フィアット・クライスラー、個性派ブランドで「ドイツ勢を越える」…FCAの戦略とは 画像 新フィアット・クライスラー、個性派ブランドで「ドイツ勢を越える」…FCAの戦略とは

特集