【WMX 第15戦】ヤマハ フェーブル、タイトル獲得へ前進…完全優勝で今季6勝目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ロマン・フェーヴル(ヤマハ)
  • ロマン・フェーヴル(ヤマハ)
  • ロマン・フェーヴル(ヤマハ・右)
  • ロマン・フェーヴル(ヤマハ)

世界モトクロス選手権 第15戦イタリアGPが8月23日、マントーバで開催され、MXGPクラスでロマン・フェーヴル(ヤマハ)が完全優勝で今季6勝目を飾った。

第1ヒート、3番手スタートのフェーブルはトップ5内でスタートした後、トップのエフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)を追撃。フェーブルは中盤の8周目にトップに立つと、以後一度もその座を明け渡すことなく快走。今年10回目のヒート優勝を記した。

第2ヒートでもフェーブルは卓越したパフォーマンスを見せつけた。オープニングラップから飛び出したフェーブルはトップに立つとレースをコントロール。2位に10秒ものマージンを築いて今季11回目のヒート優勝を飾った。ダブル優勝は今年3度目。

フェーブルは2位に101ポイント差で選手権をリードしており、来週アッセンでこの点差を維持すれば、ヤマハにとって2009年以来となるトップクラスでのタイトル獲得が確実となる。

■第1レース
1位:ロマン・フェーブル(ヤマハ)
2位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)
3位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)
4位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)
5位:ショーン・シンプソン(KTM)
6位:グレン・コルデンホフ(スズキ)

■第2レース
1位:ロマン・フェーブル(ヤマハ)
2位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)
3位:ショーン・シンプソン(KTM)
4位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)
5位:グレン・コルデンホフ(スズキ)
6位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)

■ポイントランキング
1位:ロマン・フェーブル(ヤマハ)597P
2位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)496P
3位:エフゲニー・ボブリシェフ(ホンダ)463P
4位:アントニオ・カイローリ(KTM)416P
5位:ショーン・シンプソン(KTM)392P
6位:マキシミリアン・ナグール(ハスクバーナ)384P

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集