【東京おもちゃショー15】トミカの新展開を予告? タカラトミーのブースに謎のバナー

自動車 ビジネス 国内マーケット
タカラトミーブースの外側に掲出されたトミカのバナー
  • タカラトミーブースの外側に掲出されたトミカのバナー
  • トミカコーナーでは45周年をアピール
  • トミカコーナーでは45周年をアピール
  • 反対側に掲出されたリカちゃんのバナー
東京おもちゃショー2015(6月18~21日、東京ビッグサイト)のタカラトミーブース。トミカコーナーでは45周年、そして累計出荷台数6億台を祝うディスプレイがおこなわれた。しかし最大の驚きはブースの外側にあった。

出口から外に出てブース外周壁面を振り返ると、そこには日産『GT-R』のトミカと「NEW BRAND 2015」という文字のあるバナーが。「8D」というのは、Dから始まる8つの単語のことを指しているようだ。

これはいったいなんなのか?あわててブース内に戻って訊ねたものの、残念ながら「まだ外部に説明できるような、具体的なことはなにも決定していません」とのこと。

しかしヒントは教えてくれた。それはこのバナーと対をなすように、看板キャラクターのひとつ「リカちゃん」のバナーが出口の反対側に掲出されていたことだ。リカちゃんは女児向けのキャラクターであり、玩具シリーズだ。

そして現在、「大人リカちゃん」というブログが人気を集めている。これはかつてのリカちゃんユーザーだった成年女性が、現在の視点でリカちゃんを楽しむコンテンツ。

ブログのトップページには「大人が送る、大人のための、大人リカちゃん」と書かれている。また同時にリカちゃんを「お人形」ではなく「ドール」として捉え、大人の趣味として楽しみためのさまざまな商品も発売されている。

つまり、どうやらリカちゃんと同様に、男児向け玩具としてブランドが確立しているトミカでも、成年男性をターゲットにした展開を考えているようなのだ。こう考えると「Drive With Timeless Dream」というキャッチフレーズらしき文を掲出している理由が納得できる。

8つのDから始まる単語は、商品コンセプトを示唆しているのだろう。しかしミニカーなら、大人を対象にした商品はすでにたくさん存在する。となると、ミニカー以外の商品展開ということになりそうだ。

ラインアップはアパレルやグッズなどが考えられるが「我が社は玩具メーカーです。ですからもしそういう展開なら、それぞれの業種と手を組んで商品開発することになるでしょうね」とのことだ。はたして、いったいどんなトミカ商品が登場することになるのだろうか。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集