JALとヤマハ、音のユニバーサルデザイン化を推進…多言語案内をスマホで

航空 企業動向
実証実験 実施イメージ
  • 実証実験 実施イメージ
  • 「おもてなしガイド」アプリ(イメージ)
日本航空(JAL)とヤマハは、6月22日から9月30日まで、JAL国内線搭乗口でヤマハが提供する日本語のアナウンス内容を翻訳する「おもてなしガイド」アプリを活用した実証実験を実施すると発表した。

「おもてなしガイド」アプリは、日本語のアナウンス音声の翻訳情報・文字情報を、スマートフォンからリアルタイムで確認できるアプリケーション。

利用者は「おもてなしガイド」をスマートフォンからダウンロードするだけで、インターネットやWi-Fiに接続することなく、JAL係員が肉声で実施しているアナウンス内容を文字情報として確認できる。

実証実験では、一般利用者のニーズの把握やアプリの機能性などを検証する。羽田発・関西行きJAL221便、JAL229便の搭乗ゲートで、対象言語は日本語、英語、中国語。

JALとヤマハは、今回の実証実験を通して、「おもてなしガイド」の機能追加や、顧客の利便性向上を図り、「音のユニバーサルデザイン化」を推進する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JALのエコノミークラスシートが世界一に…パリ航空ショーで 画像 JALのエコノミークラスシートが世界一に…パリ航空ショーで
  • JAL、沖縄線で旅行気分を盛り上げる機内サービスを展開…夏季限定 画像 JAL、沖縄線で旅行気分を盛り上げる機内サービスを展開…夏季限定
  • JAL、北海道キャンペーンをスタート…2年連続で多言語展開も 画像 JAL、北海道キャンペーンをスタート…2年連続で多言語展開も
  • JAL、大阪空港搭乗ロビーに「充電ステーション」を新設へ 画像 JAL、大阪空港搭乗ロビーに「充電ステーション」を新設へ

特集