【ホンダ シャトル 試乗】ハイブリッドよりも自然体な実用前提車…島崎七生人

試乗記 国産車
ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
  • ホンダ シャトルG
ラインアップではベースグレードに位置づけられるガソリン車。後席センターアームレストは非装備など、シンプルな実用前提車といった趣だが、これはこれで悪くない……そう思えた。

とくに走りは、自然体で乗員がリラックスしていられるもの。車重でハイブリッドに対し60~110kgのアドバンテージがあるから、1.5リットルiーVTECエンジン+CVTのパワートレーンは、むしろ活き活きと性能を発揮して感じるほど。2名乗車で高速走行も試したが、余裕すら感じられ、再加速も不満は覚えなかった。

車重の軽さで、乗り味のセッティングにも無理がない。同じ15インチタイヤで振幅感応型ダンパーを装着する「HYBRID X」と比較すると、フラットな乗り味や、乗員に伝わる足まわりからの雑味が幾分か増える点は実感するが、それでもクルマとして自然なものと思える範疇にある。広いラゲッジスペースをもつ同クラスのクルマとしては、まったく不満を覚えない。ステアリングも決して軽過ぎず、高速走行時の直進安定性もしっかりと出す設定だ。

ユーティリティ面では、ラゲッジフロア下のサブトランクが前後2箇所になり、その容量も大きいのが嬉しい。シートはサイド部分まで布地を使っており、車内全体の落ち着いた雰囲気は安心感がある。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ シャトル ハイブリッド 試乗】ホンダ車“全適”でもいいダンパー…島崎七生人 画像 【ホンダ シャトル ハイブリッド 試乗】ホンダ車“全適”でもいいダンパー…島崎七生人
  • 【三菱 アトラージュ 海外試乗】安いからと妥協しない作り込みに関心…斎藤聡 画像 【三菱 アトラージュ 海外試乗】安いからと妥協しない作り込みに関心…斎藤聡
  • 【ホンダ シャトル 試乗】“MM思想” 受継いだ、圧倒的機能性に敬服…中村孝仁 画像 【ホンダ シャトル 試乗】“MM思想” 受継いだ、圧倒的機能性に敬服…中村孝仁
  • 【トヨタ カローラフィールダー 試乗】犬にも車中泊にも適した、先進安全装備満載ワゴン…青山尚暉 画像 【トヨタ カローラフィールダー 試乗】犬にも車中泊にも適した、先進安全装備満載ワゴン…青山尚暉

特集

おすすめのニュース