メルセデス版 ルノー カングー、シタン に新エンジン搭載

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツCITAN
  • メルセデスベンツCITAN
  • メルセデスベンツCITAN
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは5月12日、商用車の『シタン』の欧州仕様車に、新エンジンを搭載すると発表した。

シタンは2012年4月、メルセデスベンツの新世代LCV(軽商用車)として誕生。ダイムラーとルノーの提携効果を生かし、ルノーのLCV、『カングー』をベースに開発されたのが、シタンとなる。

カングーとの違いは、フロントマスク。スリーポインテッドスターを配したグリルやヘッドランプは、シタンの専用デザインとなっており、メルセデスベンツ車の一員との主張を明確にした。

ラインナップは、カングーに準じる。ホイールベースや全長の違いによって、「コンパクト」、「ロング」、「エクストラロング」の3タイプを設定。ボディの種類はパネルバンを基本に、商用ユースに対応した各種モデルを用意する。

今回、メルセデスベンツは、欧州向けのシタンに新エンジンを搭載。欧州の最新排出ガス規制、ユーロ6に適合。「ブルーエフィシエンシー」パッケージでは、ディーゼルエンジンのトルクが引き上げられた。「クルーバス」には新たに、「ツアラー」の呼称が採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集