【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】日本版“グッドウッド”、初開催で3万3000人が熱狂

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

マツダ『787B』などの往年のレースカーがサーキットを疾走
  • マツダ『787B』などの往年のレースカーがサーキットを疾走
  • ヤマハ『RGV-Γ』と『RGB-Γ』
  • ヤマハ『RGB-Γ』ケビン・シュワンツ選手
  • スズキ『RGB500』とカワサキ『KR500』
  • ヤマハ『RGV-Γ』ケビン・シュワンツ選手
  • ホンダ『RA301』
  • フェラーリ『F187』
  • ベネトン『B190』などのF1マシンがサーキットを疾走
5月24日から25日にかけて、三重県の鈴鹿サーキットで「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン」が開催された。往年のドライバーやライダー、マシンが一堂に集結し、2日間で集まった約3万3000人の観客が熱狂した。

世界を見渡すと、イギリスの「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」やアメリカの「モンテレー・ヒストリックカーレース&ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」など、様々なモータースポーツやクラシックカーイベントが数多く開催されており、イベント時には往年のレースマシンやクラシックカーが数多く展示され、新車発表の舞台にも選ばれるなど毎年多くのファンや関係者に注目されている。

鈴鹿サーキットは2012年で会場50周年を迎え、これまで幾多の名勝負が繰り広げられてきた。今回のイベントでは「鈴鹿アタックラップ&ハイスピード」と称し、日本勢として唯一、ルマン24時間耐久レースで総合優勝を達成したマツダ『787B』や、1988年のWGP鈴鹿GPでデビューウィンを飾ったスズキ『RGV-Γ』などの往年のレースカーから、ケーニグセグ『One:1』などの最新のスーパーカーまでもがサーキットを疾走。GPスクエアでは、車両の美しさを競う「コンクール・デレガンス」も開かれた。

パドック裏では、ホンダ『S600』や67年式のフォード『マスタング』などの名車を展示する「タイムトラベル・パーキング」が設置され、懐かしの旧車を前に多くの人で賑わっていた。

今後、鈴鹿サーキットでは、日本のモータースポーツの”聖地”としてサウンド・オブ・エンジンを歴史と実績のあるイベントに育て、グッドウッドやペブルビーチに肩を並べることを目指し、アジア最大のモータースポーツ・フェスティバルとなることを目標にしていくという。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集