いすゞの「ワクワクを感じた作品」が集合…デザインセンター作品展

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
「いすゞデザイン こころみ展」会場風景
  • 「いすゞデザイン こころみ展」会場風景
  • 「いすゞデザイン こころみ展」会場風景
  • 「いすゞデザイン こころみ展」ペダルカー
  • 「いすゞデザイン こころみ展」ペダルカー
  • 「いすゞデザイン こころみ展」ペダルカー
  • 「いすゞデザイン こころみ展」ペダルカー
  • 「いすゞデザイン こころみ展」ペダルカー
  • 「いすゞデザイン こころみ展」ペダルカー
いすゞ自動車デザインセンターによる「いすゞデザイン こころみ展」が東京六本木のAXISビルで5月22日にスタートした。これは同センターが「楽しむ」ことを前提にして6年にわたって取り組んできた活動の成果展示だ。

いすゞ自動車デザインセンターでは2009年から「ワーキンググループ活動」に取り組んできた。これは個々のメンバーのスキルアップやコミュニケーション向上を目的としたもので、デザイナーやクレイモデラーなどの職能の壁を越えたチームで演習や作品作りをおこなうというもの。

言うなれば「課外活動」ということになるのだが、面白いのは「通常業務に支障をきたさない限り、就業時間内にやってよい」ということだ。こうしてスケッチ演習やオブジェ制作といったさまざまな課題に取り組み、そのなかで「ワクワクを感じた作品」を集めたのが、今回の展示会となる。

ワーキンググループ活動を始めた理由として、丸山公顧デザインセンター長は「自分から進んで、しかも楽しんで仕事をするような環境を作りたかった。それにグループで考えることは『いすゞのデザインってなんだろう?』と各々が問い直す機会にもなる」と説明する。

背景にあったのは「デザイン業務も職能の細分化が進んだ結果、一日中誰ともコミュニケーションを取らなくても仕事が進められてしまうようになってしまった。これでは先輩から後輩への技術伝承はできないし、『やらされる』仕事ばかりになってしまう」ということだったとか。「だからチームでなにかを作るということをしたかった」とのこと。

会場に展示されている作品は、立体表面の陰影を研究するオブジェやイラストストーリーを本にまとめたもの、ペーパークラフトを用いたコマ撮りアニメなど、バラエティに富んでいる。歴代『エルフ』のフロントエンドをあしらったクッキーといったユニークなものもある。

なかでも圧巻なのは、6台のペダルカーだ。最終的にレースをするということで、フレームの設計段階からメンバーがアイデアを出し合い、それぞれユニークなデザインが実現している。

なお『スミダM型』バスはデザインセンターではなく、開発部門にある試作部のメンバーによる作品。ペダルカーのシャシー製作を担当した縁による参加だが、これも単なる縮小コピーではなく、デフォルメするためにデザイン作業を経ていることに注目したい。

この「いすゞデザイン こころみ展」は5月24日まで。入場無料。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

  • いすゞ若手デザイナーの意欲作を六本木で楽しむ…5月22日から 画像 いすゞ若手デザイナーの意欲作を六本木で楽しむ…5月22日から
  • 自動車技術会デザイン部門委員会、中・高校生対象の第3回カーデザインコンテストを開催 画像 自動車技術会デザイン部門委員会、中・高校生対象の第3回カーデザインコンテストを開催
  • 第3回カーデザインコンテスト、優勝の「uni」は一輪車をモチーフに 画像 第3回カーデザインコンテスト、優勝の「uni」は一輪車をモチーフに
  • 【人とくるまのテクノロジー展15】いすゞ、エルフ ハイブリッド車 などを展示 画像 【人とくるまのテクノロジー展15】いすゞ、エルフ ハイブリッド車 などを展示

特集