【アウディ Q3 改良新型】競合SUVとの違いはデザイン

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ Q3 2.0TFSI quattro 180ps
  • アウディ Q3 2.0TFSI quattro 180ps
  • アウディ Q3 2.0TFSI quattro 180ps
  • アウディ Q3 2.0TFSI quattro 180ps
  • アウディ Q3 2.0TFSI quattro 180ps
  • アウディ Q3
  • アウディ Q3
  • アウディ Q3
  • アウディ Q3
商品改良が施されたアウディ『Q3』の年間販売目標は4000台。メインターゲットは国産から移行を想定し、30代から50代で都市型のライフスタイルを志向する人々だという。

年4000台目標を達成すると、Q3が属するセグメントではトップになると予想するのは、アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏。「460リットルのラゲッジスペースを確保することで、SUVとしての高い機能性を持つと同時に、BOSEのサラウンドシステムを搭載し、14個のスピーカーが装着するなど、アーバンクルーズを楽しめる装備も充実させ、投入を図った」とコメント。

Q3の競合には、BMW『X1』、メルセデスベンツ『GLA』、フォルクスワーゲン『ティグアン』、マツダ『CX5』などが挙げられる。これら競合車に勝っている点について、アウディジャパン商品企画プレセールス部の徳永雄三さんは、「何よりもデザインがごつごつしたSUVとは違い、非常に洗練されていることだ。クーペライクなルーフラインを持っているところや、アウディらしい先進性がデザインにも溢れている」という。

更に、乗り心地や細かい室内の質感も高く、「非常にジェントルで、より上級のサルーンに乗っているかのような味付けになっている」と述べる。競合はSUVらしさ、力強さや荒々しさにフォーカスしているのに対し、Q3は洗練された乗り心地にまとめあげており、「都会的な先進性を見出してもらえ、ターゲットユーザーの志向とも一致する」と説明する。

オフロード性能においては、「クワトロモデルによる高い走行性能とともに、ヒルディセントアシストを含めた装備も充実していることから、普通の乗用車をベースにSUV風に仕立てたクルマとの差は大きい。コンポーネンツ等で共通のティグアンと同等のレベルなのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集