【ホンダ ステップワゴン 新型発表】わくわくゲートに「新しい世界」を感じさせるデザイン

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ ステップワゴン
  • ホンダ ステップワゴン
  • ホンダ ステップワゴン
  • ホンダ 新型ステップワゴン スパーダ
  • ホンダ ステップワゴン スパーダ 新型
  • ホンダ ステップワゴン 新型
  • ホンダ ステップワゴン 新型
  • ホンダ ステップワゴン スパーダ 新型
  • ホンダ ステップワゴン スパーダ 新型
ホンダ『ステップワゴン』の最大の特徴は、わくわくゲートと呼ばれる横開きと上開きを両立したテールゲートであり、その特徴はリアのデザインにも表現されている。

「リアもサイドビューも左右非対称、かつ、とても凝った造形になっているのは、わくわくゲートを強調したかったからだ」とは、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオ研究員の内山慎也さんの弁。

このテールゲートの案は開発当初からのものだった。そこで、内山さんも「通常クルマのデザインはフロントから描くが、ステップワゴンに関しては8割後ろを描いていた。この“飛び道具”があったので、子供からおじいちゃん、おばあちゃんが見ても、ここに何か新しい世界があるということを印象付け、ステップワゴンのアイコンになってほしかった」という。

そして、「100m離れていてもステップワゴンだとわかることが、このクルマにはとても大事だと思う」とし、「このドアが成立せず、開発途中で中止になっていたら、一緒に私のデザインも消えていただろう」と笑う。

このテールゲートのデザインを活かすためにサイドのデザインは左右非対称となった。更に、新型では1.5リットルダウンサイジングターボエンジンを採用したことから、その走りのイメージを裏切らないデザインを採用。ロアボディはキャラクターラインや面の張りで動的なイメージを持たせた。

ただし、「キャラクターラインが目障りにならず、まずはしっかりとした質量感のある箱と、中性的なところが見えて、よく見ると、ライン等に気付く。そうなれば成功だ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集