【スズキ アルト ターボRS 試乗】名は“RS”だが“SPORT”相当の走り…島崎七生人

試乗記 国産車
スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
現行軽枠の2WD車で車重670kg。かつての「ワークスR(3代目時代=680kg)」を上回る軽量ぶりに、いやが上でも期待が高まる。そんな「ターボRS」の走りは、期待に違わぬものだ。

走りの雰囲気は『スイフト』でいうと「RS」より「SPORT」相当といったところ。とくに山道でしっかり曲がる操縦感覚はスポーティだ。車重の軽さが効いており、また剛性の高いボディは各部の手当てでさらに強化したことも、痛快なハンドリングを実現している。同時にKYB製のダンパーの効き具合も緻密で、ジワリとロールしてくれ、街中などでは、しっかりと心地いい乗り心地も両立させている。

自動シフトのAGSのみの設定でMTの用意はない。が、制御、作動は的確…というより自然で、ハイペースな走りでもキチンと仕事をこなす。7000rpmまで許容するエンジンはバイクのような伸びのよさ、サウンドが印象的。緑と青に切り替わるメーター内のランプで、エコ運転の目安をつかむこともできる。

ドアミラーやバンパー部、内装ではステアリングなどのステッチ、空調吹き出し口などの赤い挿し色はアクセント。専用形状のフロントシートはサイズも十分で、自然に身体を支えてくれる。外観から想像する以上の後席の広さなど、実用性も兼ね備えたスポーティモデルだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース