【トヨタ カローラ 改良新型 発表】5MTの設定存続…「クルマ本来のエッセンスを残した」

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
  • トヨタ カローラ フィールダー
トヨタ自動車は3月30日、『カローラ アクシオ』及び『カローラ フィールダー』の改良新型を発表した。新型カローラには、これまで同様、一部グレードのトランスミッションに5MTが残されている。MTの設定が淘汰されている昨今だが、その狙いとは。

「MTの需要は近年少ないが、地方の高齢ユーザーなどからは“カローラはMT”との声がある。カローラは幅広い年齢をターゲットとしているため、その声を無視するわけにはいかない」と、トヨタ自動車製品企画本部 ZE主幹の本多義行氏は語る。

そして本多氏は「この設定は“カローラ”だから残さなければならないと考えている。変えるところは変え、残すところは残す」と強調した。

5MTが設定されるのは2WD(FF)の「1.5G」及び「1.5X」グレード(アクシオ及びフィールダーの両方)の2種類。同グレードのエンジンは、今回採用された新型エンジン「2NR-FKE」ではなく従来の「1NZ-FE」。このエンジンと5MTの組み合わせは『ヴィッツRS』のパワートレインを流用しているのも特長だ。

「ヴィッツRSのパワートレインを採用することで、クルマ本来の走りの楽しみも味わえる。タコメーターの配置やサイドブレーキもハンド式にすることで、クルマ本来のエッセンスを残した。これまでのユーザーの乗り換え需要に応えるのは前提だが、この設定を新たな需要の創出にもつなげたい」と本多氏は話した。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集