【バンコクモーターショー15】カワサキ KSR110 の10周年記念モデルが登場

モーターサイクル 新型車
カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)
  • カワサキ KSR110(10周年記念モデル)

中・大型モデルを中心にラインナップを展開するカワサキ。そのなかで数少ない小排気量モデルのひとつが『KSR110』だ。今回はその発売10周年を記念した限定モデルが公開された。

この限定モデルでは専用のカラーリングを採用。新規グラフィックを用いたブラック/ホワイトのツートーンを基本に、アクセントとしてゴールドを使用。

またマフラーカバーやフォークカバーなど無塗装の部分は、カーボン調のシボを持つパネルに変更され、上質なイメージとなっている。110ccエンジンはじめメカニズムは従来通り。

2ストロークエンジンだった『KSR=II』の後を継ぎ、KSR110は2003年モデルとして登場。しかし当初からタイで生産されていたものの、タイ市場に投入されたのは2005年のこと。このため今年で10周年となったわけだ。

タイでは実用的なアンダーボーンフレーム・モデルとは一線を画したプレジャーモデルとして、都市部の若者を中心に高い人気を獲得。年間販売台数が3万台を超えることもあり、現在も人気モデルでありつづけている。

またホンダが『MSX125』(日本名『グロム』)を2013年に発売して以来、こうした小径スポーツモデルはひとつのジャンルとして確立しつつある。他メーカーも参入の機会を窺っているという噂もあり、今後さらに活況を呈することになるかもしれない。

《古庄 速人》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集