【Xトライアル世界選手権 最終戦】9連覇のトニー・ボウ、3位入賞

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
インドアトライアル(Xトライアル)世界選手権最終戦決勝が3月21日、スペインのオビエドで開催され、前戦で9連覇を達成したトニー・ボウ(ホンダ)は3位入賞でシーズンを終えた。

最終戦となった第6戦。ここまで4勝を挙げているボウは、前戦ですでに2015年のXトライアル世界チャンピオンを獲得している。

今回はセミファイナルに6セクションが用意され、ファイナルはセミファイナルに使ったセクションを逆方向からトライして、やはり6セクション。地元スペインで、連勝記録を伸ばしたいボウは、セミファイナルではリードしたものの、ファイナルではアルベルト・カベスタニー(シェルコ)が今シーズン初勝利。ボウは最終戦を3位で終えた。

今シーズン、ボウは6戦中4勝。これにより、モンテッサのインドアトライアルでの勝利数は歴代1位の累計45となった。

■Xトライアル世界選手権 最終戦
1位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)
2位:アダム・ラガ(ガスガス)
3位:トニー・ボウ(ホンダ)
4位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)
5位:アレキサンドレ・フェレール(シェルコ)
6位:エディー・カールソン(ホンダ)

■ポイントスタンディング
1位:トニー・ボウ(ホンダ) 107P
2位:アダム・ラガ(ガスガス) 89P
3位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ) 77P
4位:ジェロニ・ファハルド(ベータ) 63P
5位:アレキサンドレ・フェレール(シェルコ) 30P
6位:ジェームス・ダビル(ヴァーティゴ) 20P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集