米テスラの決算、赤字拡大…2014年第4四半期

自動車 ビジネス 企業動向
テスラ モデルS
  • テスラ モデルS
  • テスラ モデルX(デトロイトモーターショー13)

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズは2月11日、2014年第4四半期(10‐12月)決算を開示した。

同社の発表によると、第4四半期の売上高は9億5666万ドル(約1135億円)。前年同期の6億1085万ドルに対して、56.6%増と伸びた。

一方、第4四半期の調整後の最終損益は、1億0762万ドル(約128億円)の赤字。前年同期の1626万ドルの赤字から、赤字幅が大きく拡大している。

増収でありながら、赤字が拡大したのは、『モデルS』の高性能グレード、「P85D」の納車の遅れや、ドル高の影響を受けたため。

また、第4四半期の新車販売台数は、9834台。前年同期に対して、42.7%増と伸びている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース