ヤマハ発動機、iF デザインアワード を2年連続で受賞…大型二輪 MT-07 など

モーターサイクル 企業動向
ヤマハ・MT-07
  • ヤマハ・MT-07
  • ヤマハ・JWX-2
ヤマハ発動機は2月3日、大型スポーツバイク『MT-07』と、車いす用電動アシストユニット『JWX-2』が、「iF プロダクトデザインアワード 2015」を受賞したと発表した。同社は、昨年の『MT-09』に続き、2年連続の受賞となる。

iF デザインアワードは、ドイツ・ハノーファーを拠点とする、デザイン振興のための国際的な組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が、1953年から主催しているデザイン賞。毎年、全世界の工業製品等を対象に、コミュニケーション、プロダクト、コンセプトの3分野で優れたデザインが選定されている。

MT-07は、走りの楽しさと街中で映えるファッショナブルなスタイルと、コストパフォーマンスを調和させたモーターサイクル。日常域でパワフルながら扱いやすいエンジンを搭載し、軽量・スリム・コンパクトでスタイリッシュな車体による優れた操作性などが特徴だ。2014年から、欧州を中心に北米や国内でも発売している。

JWX-2は、電動アシスト自転車PASの技術を応用し、車いすのハンドリム操作の負荷に応じて電動の補助力がはたらく車いす用電動アシストユニット。操作負担の大きい坂道や絨毯の上などもスムーズに操作できる。また、さまざまな形状の車いすに装着可能で、専用ソフトウェアを用いて、アシスト力や応答性、直進性、左右バランスなど、症状にあわせた細かい設定ができるのが特徴だ。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース