JAL、MRJ32機を確定発注…ジェイ・エアが運航

航空 企業動向

日本航空グループ、三菱航空機のMRJを導入へ
  • 日本航空グループ、三菱航空機のMRJを導入へ
  • 三菱航空機 MRJ
日本航空(JAL)は、三菱航空機と三菱リージョナルジェット(MRJ)32機を確定発注する正式契約を締結した。

両社は2014年8月28日にMRJ32機の導入に関して基本合意。JALでは、MRJの高い性能や、導入後の運航支援などに関する三菱航空機からの提案を高く評価して今回、確定発注した。

三菱航空機にとって、MRJの合計受注機数は、今回の契約を含めると407機で、確定が223機、オプションが160機、購入権が24機。JALへの納入は2021年に開始する予定。

契約した32機は、JALグループのジェイ・エアが運航する予定。JALグループでは、MRJを地方ネットワーク路線の主力機として活用していく。また、リージョナルジェット機を運航する航空会社としてのノウハウを活用しながら、初の国産ジェット旅客機の誕生に向け貢献するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集