ポルシェ、GTLMクラス連覇を目指すも不運な結果…デイトナ24時間

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
  • ポルシェ 911RSR
チュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ(TUSC)の開幕戦デイトナ24時間、決勝レースが1月24日~25日に開催された。

2台の『911 RSR』でGTLMクラスの連覇を目指したポルシェワークスだったが、#911 ニック・タンディ/パトリック・ピレ/マルク・リーブ組がクラス5位、#912 イェルク・ベルクマイスター/アール・バンバー/フレデリック・マコヴィッキ組は7位という結果で終わった。

#912はスタート直後からトラブル発生。マコヴィッキはオルタネーターを交換するためにピットイン、トップグループから6周遅れとなる。一方#911は8番手グリッドからレース序盤に順位を上げ、レース序盤の1時間、何度もトップに浮上した。

トップ争いは夜になっても続く。スタート直後に後退した#912も完璧なレース運びとセーフティカーに助けられ、トップと同一周回まで順位を上げ、真夜中過ぎには両車ともに表彰台の2位および3位を狙えるポジションにつけた。

しかし、#912 アール・バンバーは、ストレート後の第2コーナーへの進入時に濡れた芝に乗り上げ、車両のコントロールを失いスライド。次の右コーナーに進入しようとしていた#911 マルク・リーブに衝突してしまい、両車ともに重大な損傷を受けてしまう。修理のため、#912は18周を、#911は82周を失った。

日曜の夜明けまでに、#912は4位まで順位を戻すことができたものの、トランスミッショントラブルのため、チームは安全策を取って終了時間前にレースを終えた。

第2戦セブリング12時間レースは3月20日・21日にフロリダ州で開催される。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集