【デトロイトモーターショー15】メルセデス Cクラス 新型に367hpの「AMGスポーツ」…「C63」のDNAを継承

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ 4マチック(デトロイトモーターショー15)
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ 4マチック(デトロイトモーターショー15)
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ 4マチック(デトロイトモーターショー15)
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ 4マチック(デトロイトモーターショー15)
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ 4マチック(デトロイトモーターショー15)
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
  • メルセデスベンツ C450 AMGスポーツ
2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15。多くの初公開車がデビューしたメルセデスベンツのブースで、注目の1台が、『C450 AMGスポーツ 4マチック』。

「AMG スポーツ」は、「63」、「45」などのAMG車と、メルセデスベンツ車に広く用意される「AMGスポーツパッケージ」の間を埋める新シリーズとして、メルセデス-AMGが発表。デトロイトモーターショー15で初公開されたのが、新型『Cクラス』ベースのC450 AMGスポーツ 4マチック。

エンジンは、AMGを除く新型Cクラスの頂点に立つ「C400 4マチック」グレード用の直噴3.0リットルV型6気筒ツインターボがベース。C450 AMGスポーツ 4マチックでは、最大出力を367hp/5500-6000rpm、最大トルク53kgm/2000-4200rpmへ強化した。

トランスミッションは、7速ATの「7G‐トロニックプラス」。駆動方式は4WDの「4マチック」で、前後駆動力配分に専用チューンが施される。0-100km/h加速は4.9秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮。サスペンション部品などは、新型Cクラス最強のAMGグレード、『メルセデス-AMG C63』と共用する。

デトロイトモーターショー15のプレスカンファレンスには、メルセデス-AMGのトビアス・メールズ会長が登壇。「C450 AMGは、強力なV6ツインターボのパワーと、高いレベルのエモーショナルさを組み合わせたモデル。技術的なDNAは、メルセデス-AMG C63譲り」と述べ、C450 AMGスポーツ 4マチックの高性能さを強調している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集