【デトロイトモーターショー15】ヒュンダイ ソナタ 新型に PHV、EVモードは35km…中型セダン最長

自動車 ニューモデル モーターショー

ヒュンダイ ソナタ プラグインハイブリッド(デトロイトモーターショー15)
  • ヒュンダイ ソナタ プラグインハイブリッド(デトロイトモーターショー15)
  • ヒュンダイ ソナタ プラグインハイブリッド(デトロイトモーターショー15)
  • ヒュンダイ ソナタ PHV
  • ヒュンダイ ソナタ PHV
  • ヒュンダイ ソナタ PHV
  • ヒュンダイ ソナタ PHV
  • ヒュンダイ ソナタ PHV
  • ヒュンダイ ソナタ PHV
2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15。韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)ブースの主役は、『ソナタ プラグインハイブリッド』が務めた。

同車は、ヒュンダイ初の市販プラグインハイブリッド車(PHV)。同じく、デトロイトモーターショー15で初公開された新型『ソナタ ハイブリッド』をベースとしている。

PHVシステムのエンジンは、新型ソナタ ハイブリッドと同じく、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「GDI」。最大出力は154hp、最大トルクは19.4kgmを発生する。モーターは、最大出力68hpで、新型ソナタ ハイブリッド用よりも32%パワフル。PHVシステム全体では、202hpを獲得する。

モーターは、6速ATと一体設計。二次電池はリチウムポリマーバッテリー。蓄電容量は新型ソナタ ハイブリッドの1.62kWhから、9.8 kWhへ約5倍も大容量化された。

ヒュンダイがアピールするのは、EVモードでの航続距離の長さ。最大およそ35.4kmをゼロエミッション走行できる。ヒュンダイは、「中型PHEVセダンとしては最長の航続距離」と説明。ホンダ『アコード・プラグイン』に対する優位性をアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集