【ホンダ N-BOXスラッシュ 発売】「女性に安心」電子制御パーキングブレーキ全車標準

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ N-BOXスラッシュ
  • ホンダ N-BOXスラッシュ
  • ホンダ N-BOXスラッシュ
  • ホンダ N-BOXスラッシュ
  • 本田技術研究所 浅木泰昭 執行役員
  • ホンダ N-BOXスラッシュ
  • ホンダ N-BOXスラッシュ
ホンダの新型軽乗用車『N-BOXスラッシュ』にはボタン操作でできる電子制御パーキングブレーキ(EPB)が標準装備されている。しかもドラムブレーキの中にモーターを組み込むという世界初の機構が採用されているという。

N-BOXスラッシュの開発責任者を務める本田技術研究所の浅木泰昭執行役員は「贅沢品を採用したと見えるかもしれないが、パワーステアリングとかオートマチックなどで、いろんな力仕事から解放してきたが、最後に残った力仕事がパーキングブレーキ」とした上で、「女性にとって非常に安心なアイテムになる」と胸を張る。

というのも「ご主人がかけたパーキングブレーキを奥さんが解除するには非常に大変だというようなこともあるし、渋滞の時に脚力に自信がないのでブレーキを踏んでいても前に走り出すのではないかという不安があって一所懸命ブレーキを踏んでいると足がつってしまうとか、そういう女性の意見。さら急な斜面で止まる時に限って後ろの車両がぎりぎりに詰めてきて、ちょっとでも下がるとぶつかってしまうという恐怖心を抱く女性も多い」からだ。

このため「ドラムブレーキの中にモーターを組み込むという世界初の機構を開発した。それがないと軽に採用できなかったわけだが、軽にまでつけることができた」という。

さらに浅木さんは「自動運転技術と軽がマッチングする日がいつか来るだろうという読みも含めて、ドラムブレーキでEPBはできないということでは将来性はないなと思っていた。いずれ開発しなければいけないのでとんがった車でやってみた」とも話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集