コーンズ青山オープン…フェラーリのパーソナライゼーションに特化

自動車 ビジネス 企業動向

コーンズ青山
  • コーンズ青山
  • コーンズ青山1階
  • コーンズ青山2階パーソナライゼーションスペース
  • コーンズ青山
  • コーンズ青山
  • コーンズ青山3階”1861”
  • コーンズ青山3階”1861”
  • コーンズ青山
フェラーリ正規ディーラーであるコーンズ・モータースは1月15日、東京青山に国内初のフェラーリパーソナライゼーション専用スペースを保有する「コーンズ青山」をオープンした。

このショールームは3フロアに分かれており、1階と2階はフェラーリの専用スペース。3階はコーンズの顧客のみが利用できる会員制ワインバー&レストラン“1861”となる。

コーンズ・モータースフェラーリ東京ショールームマーケティングマネジャーの副島理氏によると、「1階と2階のフェラーリ専用スペースは、本国フェラーリの最新のCIに基づいて作られており、フェラーリが近年力を入れている個々人それぞれの要望に合わせてフェラーリを作り上げていくプログラム、テーラーメイドやパーソナライゼーションに特化したスペースだ」と説明する。

「1階はフェラーリの新たな情報発信の場所として、新車が発表されれば真っ先に展示され、新車がない時では、例えばヨットをモチーフにした『FF』のテーラーメイドを展示(22日まで展示)するなどその時々の話題を提供していく」という。

ショールームには、ユーザーにフェラーリの情報を提供する教育を受けた2名のセールスレディが常駐。ふらっと立ち寄ってもフェラーリの最新の情報を入手することが可能とのこと。更に、本国のマラネロの隣にもあるフェラーリストアが扱う厳選されたアイテムも販売される。

2階はパーソナライゼーション専用のラウンジだ。「一度に6人が座れるようにテーブルと椅子の配置になっており、コンフィギュレーションを使うことで、即座に外装、内装の色から好みのオプションまで、ユーザーの好みを反映した映像を見ることができる」と説明する。

3階はコーンズ・モータースから新車や中古車を購入したユーザーのみが利用できる“1861”だ。「この数字はコーンズの創業年にちなんだ名称で、オーセンティックかつモダンな雰囲気の会員制ワインバー&レストラン。ドリンクはイタリアンワインに特化しており、ディナーで1万2000円の価格帯から本格的なディナーを楽しんでもらえる」とそれぞれの特徴を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集