【デトロイトモーターショー15】フルサイズトラック、ラム1500に「レベル」…オフロード仕様が登場

自動車 ニューモデル モーターショー

ラム 1500 レベル(デトロイトモーターショー15)
  • ラム 1500 レベル(デトロイトモーターショー15)
  • ラム 1500 レベル(デトロイトモーターショー15)
  • ラム 1500 レベル(デトロイトモーターショー15)
  • ラム 1500 レベル
  • ラム 1500 レベル
  • ラム 1500 レベル
  • ラム 1500 レベル
  • ラム 1500 レベル
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)のラムブランドは2015年1月13日、米国で開催中のデトロイトモーターショー15において、ラム『1500 レベル』を初公開した。

同車は、FCA USの主力フルサイズピックアップトラック、ラム『1500』をベースに、オフロード性能を追求した高性能グレード。

外観は、フロントマスクを専用設計し、タフなイメージを強調。専用バンパーには、スキッドプレートが装備される。足回りは、サスペンションがオフロード仕様となっており、車高を25mmアップ。マットブラック仕上げのアルミホイールに、オールテレーンタイヤを組み合わせた。

パワートレインは、3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」が標準。最大出力305hp、最大トルク37.2kgmを発生する。

さらなるパワーを求める顧客には、5.7リットルV型8気筒ガソリン「HEMI」を用意。最大出力395hp、最大トルク56.7kgmを引き出す。どちらのエンジンも、ギアレシオは専用設定としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集