キャデラック CTS-V 新型、日本導入が決定…打倒AMGの640馬力

自動車 ニューモデル 新型車

キャデラック CTS-V(デトロイトモーターショー15)
  • キャデラック CTS-V(デトロイトモーターショー15)
  • キャデラック CTS-V(デトロイトモーターショー15)
  • キャデラック CTS-V(デトロイトモーターショー15)
  • キャデラック CTS-V(デトロイトモーターショー15)
  • キャデラック CTS-V(デトロイトモーターショー15)
  • キャデラック CTS-V
  • キャデラック CTS-V
  • キャデラック CTS-V
ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は1月14日、デトロイトモーターショーで発表したキャデラックの新型ハイパフォーマンス・スポーツセダン『CTS-V』を日本市場に導入すると発表した。

キャデラックCTS-Vは、シリーズ最強の称号“V"が与えられたハイパフォーマンス・スポーツセダン。直噴6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーを搭載し、最大出力640hp/6400rpm、最大トルク87.2kgm/3600rpmを発揮する。

Vモデルはこれまで日本においても、『STS-V』(2007年)、『XLR-V』(2008年)、『CTS-V』が導入されており、昨年11月には新型スポーツセダン『ATS-V』の導入も発表している。

キャデラックCTS-Vは、BMW『M5』やメルセデスベンツ『EクラスAMG』などを含む欧州プレミアムモデルに挑む新型スポーツセダンとして日本に導入。なお、日本市場への導入時期や国内仕様スペックなどの詳細については、後日発表の予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集