【東京オートサロン15】佐藤琢磨「信頼性とパフォーマンスが抜群」…ブリヂストンタイヤの魅力語る

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

佐藤琢磨(東京オートサロン15)
  • 佐藤琢磨(東京オートサロン15)
  • 東京オートサロン2015のブリヂストンブース
  • 東京オートサロン2015のブリヂストンブース
  • POTENZA『RE-71R』
  • POTENZA『RE-71R』
  • POTENZA『RE-71R』
  • 東京オートサロン2015 ブリヂストンブース佐藤琢磨トークショーの様子
  • 東京オートサロン2015 ブリヂストンブース佐藤琢磨トークショーの様子
1月10日に東京オートサロン2015のブリヂストンブースでトークショーを行なった佐藤琢磨。約1時間近い長丁場のイベントとなったが、その中でブリヂストンタイヤと代表ブランドである「POTENZA(ポテンザ)」の魅力について語ってくれた。

現在、琢磨が参戦しているインディカーシリーズはブリヂストン傘下にあるファイアストンタイヤが全チームに供給されており、F1参戦時代にもスーパーアグリから参戦していた頃を中心にブリヂストンのPOTENZAでレースをしてきた。それだけにブリヂストンタイヤを非常に高く評価しているようだ。

「ブリヂストンタイヤは自分の中で大事なブランド。何より信頼性とパフォーマンスが抜群。国内外の自動車メーカーを見ても各社のフラッグシップカーには必ずと言っていいほどPOTENZAがついている。それがPOTENZAのパフォーマンスの高さを証明していると思う」。

今回は新商品である『RE-71R』がブース内に多数展示された。市販タイヤにも興味がある琢磨。レースの現場であっても私生活でも、車に乗る際は内圧のチェックなどを絶対欠かすことがないという。

「POTENZAといえばF1のタイヤというイメージが強いです。市販タイヤでも本当にレーシーで、この(RE-71Rの)表面を観る限りはセミレーシングタイヤですよね」とトークショー中も興味津々だった。

最後に琢磨は「クルマとタイヤとの関係は非常に重要で、どんなに素敵なクルマと素晴らしいドライバーがいても、それらのパフォーマンス全てを路面に伝えてくれているのはタイヤ。4つのタイヤを上手に扱うというのはレースでも普段の運転でも非常に重要なことです」と重要性についても語った。

今年もファイアストンのタイヤでインディに参戦する琢磨は「ブリヂストンもファイアストンも同じファミリーと言う感覚でF1の頃からずっと付き合ってきた。今年もファイアストンで勝利を目指したい」とコメント。チームも2台体制に強化され、さらなる上位進出が予想される。昨年以上の活躍に期待だ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集