【東京オートサロン15】ダンロップ、競技ユーザーの声に応えてDIREZZA ZIIもラベリング表示を検討

自動車 ビジネス 国内マーケット

DIREZZAを装着したスバル WRX
  • DIREZZAを装着したスバル WRX
  • ダンロップ ブース(東京オートサロン15)
  • ダンロップタイヤ営業本部 消費財部 宣伝・販促グループ課長の野口和彦氏
  • ダンロップ ブース(東京オートサロン15)
  • ダンロップ ブース(東京オートサロン15)
  • DIREZZA ZIIの発熱性能をタブレットで確認
  • ダンロップ ブース(東京オートサロン15)
  • ダンロップ ブース(東京オートサロン15)
東京オートサロン2015のダンロップブースは、黄色と黒のCIカラーを基調としたインパクトのあるつくりとなっている。会場に集まるユーザー層に合わせて、『DIREZZA』と『SP SPORT MAXX』に的を絞っているのも特徴だ。

DIREZZAは、スポーツ走行やサーキット走行を強く意識したスポーツタイヤで、一部の競技専用タイヤもこのブランドでラインナップされるほどだ。ブースではサーキット走行会やタイムアタックで威力を発揮する『ZII』(ズィーツー)の展示に力が入っていた。ZIIは発熱効率のよい新開発のコンパウンドにより、周回の早い段階から安定した発熱とグリップ力をだせるという。その様子を、動画とタブレットのサーモグラフ画面によって確認できるコーナーもあった。

時間や周回数が限られる走行会・タイムアタックでは、タイヤのコンディションを素早くベストに持っていく必要があるが、タイヤウォーマーがなければ走って温めるしかない。ZIIでは2ラップ目からタイムアタックが可能な発熱性能を目指したという。

ブースには、DIREZZAを履いた黄色と黒の派手なスバル『WRX STI』が展示してあるが、この車は、会場での展示だけでなく2015年の「DIREZZA CHALLENGE」(ダンロップが主催するDIREZZAユーザー向けのタイム計測つきサーキット走行会。全国のミニサーキットで開催されている)でデモ走行させるプランもあるという。

そう話すのは、ダンロップタイヤ営業本部 消費財部 宣伝・販促グループ課長の野口和彦氏だ。DIREZZA CHALLENGEで黄色と黒のWRX STIが見られるのも楽しみだが、ジムカーナなど競技ユーザーへの朗報として、DIREZZAの一部サイズがエコタイヤのラベリング表示対応を検討しているという情報も教えてくれた。JAFの競技規定により、一部のカテゴリ―で、2015年はラベリング表示のないタイヤが使えなくなるが、ダンロップユーザーはあまり心配はいらないようだ。野口氏によれば「時期については未定だが、できれば本格的なシーズンが始まるころに実現できればと考えている」のことだ。

ブースのもうひとつの目玉は『SP SPORT MAXX 050 NEO』だ。こちらは輸入車向けのランフラットタイヤだが、新しい工法(NEO-T01工法)によってタイヤの真円性が向上し、トレッド面やサイドウォールの厚みを部分ごとに最適化が施されている。ランフラットタイヤはパンク時の走行を可能にするためサイドウォールが補強されていたり別の部材が入っていたりする。そのため、どうしても乗り心地い悪影響がでてしまうが、050 NEOはVEUROに負けない快適性を誇る。

競技やサーキット走行まではやらないが、街乗りやスポーティーな走りを楽しみたいユーザー向けに、この050 NEOも厚く展示している。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集