ベントレー、2015年のレース参戦日程を発表…ニュル24時間など4大陸6シリーズ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ベントレー コンチネンタルGT3
  • ベントレー コンチネンタルGT3
  • ベントレー コンチネンタルGT3
ベントレーモータースポーツは1月8日、2015年に参戦予定の全レース日程を発表した。

ベントレーは昨年、『コンチネンタル GT3』 のデビューシーズンを、2大陸で3レースに優勝、ブランパン耐久シリーズ(欧州)ではシリーズ総合2位に入るという好成績で飾った。

2015年はレースプログラムをさらに拡大し、4大陸で6シリーズに出場する。ワークスチーム ベントレー チームM-Sportがブランパン耐久シリーズに再び参戦するほか、バサースト12時間レース(豪・2月6日~8日)、ニュルブルクリンク24時間レース(独・5月16日~17日)、ガルフ12時間耐久レース(アブダビ・12月13日)にも出場する予定だ。

ベントレー モータースポーツの今シーズン初戦は、バサースト12時間レース。ワークスチームが2台のコンチネンタル GT3でマウント・パノラマコースに挑む。その3か月後には、ニュルブルクリンク24時間レースに出場。同レースに向けては、2014年初めから準備を開始、実戦テストとしてVLN(ニュルブルクリンク耐久選手権)にも2度出場している。そして最終戦、ガルフ12時間レースでシーズンを締めくくる。

ベントレーモータースポーツのブライアン・ガッシュ ディレクターは「2015年はベントレー モータースポーツにとって大変エキサイティングな1年となるだろう。今年は、コンチネンタル GT3 で世界各地の新しいサーキットに挑戦することで、レースプログラムの拡大を図っていく。ベントレーの歴史の中でもこれほど活発にレース活動を進めるのは初めてだが、昨年同様、コンチネンタルGTとともにモータースポーツの伝統を築いていきたい」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集