輸入小型二輪の新規登録、1.8%増の2万2305台…ハーレーは5.5%減 2014年

モーターサイクル 企業動向

日本自動車輸入組合が発表した2014年の輸入小型二輪車の新規登録台数は、前年比1.8%増の2万2305台となった。

ブランド別では、シェアトップのハーレーダビッドソンが同5.5%減の1万1408台。シェアは前年から4.0ポイントダウンの55.1%となった。

2位のBMWは同15.6%増の4165台と大幅プラス。3位のドゥカティは同1.0%増の2568台、4位のKTMは同80.7%増の1458台、5位トライアンフは同15.7%減の1375台だった。

以下、6位MV AGUSTAが同8.3%増の429台、7位モトグッチが同18.9%減の305台、8位BRPが233台、9位のアプリリアが同25.8%減の144台と続いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集