JR西日本、関西本線3駅で「すべり止めの砂」受験生に配布

鉄道 企業動向

関西本線の王寺・奈良・伊賀上野3駅は受験生の応援企画として車輪空転防止用の砂を1月9日に配布する。写真は奈良駅。
  • 関西本線の王寺・奈良・伊賀上野3駅は受験生の応援企画として車輪空転防止用の砂を1月9日に配布する。写真は奈良駅。
  • 関西本線の王寺・奈良・伊賀上野3駅は受験生の応援企画として車輪空転防止用の砂を1月9日に配布する。写真は伊賀上野駅。
JR西日本は1月6日、関西本線の王寺(奈良県王寺町)・奈良(奈良市)・伊賀上野駅(三重県伊賀市)3駅で「すべり止めの砂」を受験生に配ると発表した。

3駅では2012年度から、かつて関西本線で運行されていた蒸気機関車が坂を走る際に使っていた車輪空転防止用の砂を、受験生の応援企画として配布している。今回配布する砂は、前年度の志望校合格者から返却してもらった砂を混ぜ込み、奈良県内の神社で祈とうしてもらったという。

既に第1回目の配布が2014年12月5日に行われており、第2回目の配布は1月9日に実施する予定。配布時間は王寺駅と奈良駅が7時から7時30分まで、伊賀上野駅が7時から9時30分までとなる。

このほか、梅小路蒸気機関車館(京都市下京区)でも受験生一人につき「合格祈念券」1枚を配布している。「祈念券」は空転防止の砂「すべらずの砂」と、オリジナル硬券付き台紙がセットになっている。配布期間は3月15日までの予定だが、なくなり次第終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集