MINI ハッチバック 新型、米国でリコール…トランスミッションに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
BMWグループのMINIが2014年春、米国市場に投入した新型MINI『ハッチバック』。同車が米国市場で、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。BMWの米国法人、BMWオブノースアメリカから、新型MINIハッチバックに関するリコールの届け出を受けた、と発表している。

今回のリコールは、新型MINIハッチバックのトランスミッションの不具合が原因。NHTSAによると、販売店での整備の際、トランスミッションの制御用ソフトウェアが、誤ってプログラムされた可能性があり、シフトをPレンジに入れなくても、ドライバーが車両から降りることができるという。

これは、米国の安全基準に抵触。無人の車両が動き出し、事故を起こすリスクが高まる。リコールの対象となるのは、米国で販売された2014-2015年モデルの「クーパー」と「クーパーS」グレード。2014年1月上旬から2014年10月中旬にかけて生産された車両が該当する。

BMWオブノースアメリカは、対象車両を保有する顧客に通知。販売店で、トランスミッションコントロールモジュールのソフトウェアを改修するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集