スバル 米国販売、21%増の51万台超え…6年連続の新記録 2014年

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは2015年1月5日、2014年の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、過去最高の51万3693台。前年比は21%増と、6年連続で前年実績を上回った。

最量販車は、『フォレスター』。2014年実績は、これまでの販売記録を更新する15万9953台。前年比は29.4%増と、好調だった。

また、もうひとつの主力車種の『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)も人気。新型投入の効果で、2014年は過去最高の13万8790台を販売。前年比は17.6%増と伸びた。『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)も、新型投入により、23.6%増の5万2270台と売れている。

2012年9月に発売された『XVクロストレック』(日本名:『インプレッサXV』)も好調。2014年は7万0956台を販売。前年比は32%増と伸びた。

さらに、新型『WRX』シリーズは、新型『WRX STI』を含めて、2014年は販売新記録の2万5492台を販売。前年比は、41.8%増と大幅な増加。一方、『インプレッサ』(「WRX」を除く)は2014年、5万7996台を販売。前年比は1.5%減と、前年実績を割り込む。

スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「2014年、6年連続の販売記録更新に興奮している。販売店の全スタッフの努力に感謝したい」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集