【スズキ アルト 新型発売】鈴木会長「原点に戻って実用重視」

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ 新型アルト 発表会に出席した鈴木修会長兼社長(左)
  • スズキ 新型アルト 発表会に出席した鈴木修会長兼社長(左)
  • スズキ 新プラットフォーム
  • スズキ 初代アルト
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
スズキは12月22日に新型『アルト』を発売した。5年ぶりの全面改良であり、1979年登場の初代モデルから数えて8代目となる。商用車も含み月間7000台の販売を計画している。

軽量化と剛性の向上を両立させた軽自動車用の新プラットフォーム(車台)を採用し、燃費は最も良いもので37km/リットルと、ガソリン車で最高とした。都内の発表会で会見した鈴木修会長兼社長は「初代を出した79年の原点に戻り、庶民感覚で実用を重視し、余り派手にならないようにした」と、今回の改良の狙いを語った。

低価格の実用車として軽自動車の市場拡大に寄与してきたアルトだが、全面改良ごとに「だんだん豪華になったのは否めない」(鈴木会長)とし、経済性と共にデザインもシンプルさを打ち出した。

最高燃費の原動力になった新プラットフォームにより、車両重量は旧モデル比で60kgの軽量化につなげ、軽自動車で最軽量の610kgとしている。新プラットフォームは順次、軽自動車シリーズに展開する。
《池原照雄》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース