欧州COTY 2015、最終選考7台…日本車は日産 キャシュカイ のみ

自動車 ニューモデル モーターショー
新型日産 キャシュカイ
  • 新型日産 キャシュカイ
  • 新型日産 キャシュカイ
  • 新型日産 キャシュカイ
欧州カーオブザイヤー主催団体は12月15日、「カーオブザイヤー2015」の最終選考7台を発表した。日本メーカーでは、日産『キャシュカイ』のみが選ばれた。

欧州カーオブザイヤーは、今年で28回目。ロシアを含む20か国以上、約60名のジャーナリストが、2013年夏以降にデビューし、2014年内に欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

条件は、少なくとも欧州5か国以上で販売され、年間販売台数が5000台以上。少量生産のスーパーカーなどは、除外される。

欧州カーオブザイヤー2015の最終選考7台は、以下の通り。

●BMW・2シリーズ・アクティブツアラー
●シトロエン・C4カクタス
●フォード・モンデオ
●メルセデスベンツ・Cクラス
●日産・キャシュカイ
●ルノー・トゥインゴ
●フォルクスワーゲン・パサート

日本車では唯一、日産の新型キャシュカイが最終選考に残った。同車は日本市場で販売されていた『デュアリス』のモデルチェンジ車。

2014年7月に発表されたノミネート33台に対して、日本車では、トヨタ『アイゴ』、レクサス『NX』と『RC』、日産『パルサー』と『エクストレイル』、インフィニティ『Q50』(日産『スカイライン』)、スバル『WRX STI』、スズキ『セレリオ』の8台が脱落。

ドイツプレミアム勢では、アウディ『TT』、BMW『2シリーズクーペ』と『i8』と『X4』、メルセデスベンツ『GLAクラス』と『Sクラスクーペ』、ポルシェ『マカン』が、最終選考に進めなかった。

欧州カーオブザイヤー2015は2015年3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー15で発表。前回は、プジョー『308』が栄冠を手にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集