福祉車両販売実績、軽自動車が初の9000台越え…2014年度上半期

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダ N-BOX +の車いす仕様車(参考画像)
  • ホンダ N-BOX +の車いす仕様車(参考画像)
  • 2014年度上半期福祉車両の市場動向
  • 2014年度上半期福祉車両の市場動向
日本自動車工業会が発表した2014年度上半期(4月~9月)における福祉車両の販売台数は、軽自動車の需要に支えられ堅調に推移し、前年同期比110.5%増の2万3264台と伸びた。

車種別では、普通・小型自動車が同3.8%増の1万2362台。「車いす移動車」「昇降シート車・回転シート車」ともに増加した。

軽自動車は同25.6%増の9122台。「昇降シート車・回転シート車」「車いす移動車」が昨年度に引き続き増加した。なお、軽自動車の福祉車両が上半期販売台数で9000台を超えたのは初めて。

バスは同5.5%減の1780台と低迷した。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース