トヨタ自動車など、愛知県で普通充電インフラの実証実験を開始

エコカー EV

充電するトヨタプリウスPHV(資料画像)
  • 充電するトヨタプリウスPHV(資料画像)
トヨタ自動車は、2012・2013年度に引き続き、愛知県内で2014年11月1日から2015年3月15日までの間、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)など、電気利用車両用の普通充電インフラ普及に向けた実証実験を行うと発表した。

実証実験は、愛知県の4自治体(刈谷市・豊田市・豊橋市・長久手市)および豊田自動織機、ユニーと共同で実施。各施設に設置した充電器の曜日・時間帯別の利用状況を一元的に把握することで、利用者ニーズから見た充電器の設置や運用方法に関するあるべき姿を検証する。

また2014年度は、これまでの商業施設や観光施設・宿泊施設に加え、地域の文化施設や福祉施設等の公共施設も対象とし、中山間地域のドライブスポットに充電器を設置。電欠懸念の払拭による新規ユーザーの増加の有無など貢献度を検証する。

さらに、昨年度の実証実験を踏まえ、充電器の利用実績が多い商業施設には複数台設置。利用状況の変化や電力ピーク時におけるピークカット等エネルギーマネジメントの必要性を検証する。

なお、今回実証実験で使用する充電器は、新たに設置した43基に昨年度までに設置した充電器を加えた計147基。期間中、実証実験の周知と充電器の利用促進のため、充電器の位置情報を掲載したパンフレットの配布や、実証実験に参加する自治体の施設等にポスターを掲示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集