フォルクスワーゲングループ の決算、営業利益は16.3%増…2014年第3四半期

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン ゴルフ
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
  • アウディ A4 2.0 TFSI(欧州仕様車)
  • セアト レオン
  • シュコダ オクタビア G-TEC
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは10月30日、2014年第3四半期(7‐9月)の決算を公表した。

同社の発表によると、アウディやポルシェ、セアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総売上高は、489億1000万ユーロ(約6兆7393億円)。前年同期の469億8500万ユーロに対して、4.1%の増加となった。

また、2014年第3四半期の営業利益は、32億3000万ユーロ(約4450億円)。前年同期の27億7700万ユーロに対して、16.3%の増益となっている。

大幅な増益となった主な要因は、傘下の高級車ブランド、アウディとポルシェの販売好調。フォルクスワーゲンブランドの営業利益の落ち込みを、補う形となった。

2014年第3四半期の世界新車販売は、247万6000台。前年同期比は3.8%増だった。フォルクスワーゲングループ取締役会のマルティン・ヴィンターコルン会長は、「持続的に燃費性能を高め、収益性を引き上げることにより、将来に合わせることが可能になる」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集