ジャガー・ランドローバー、英国に新エンジン工場を開業…新世代「インジニウム」生産

自動車 ビジネス 企業動向

ジャガー・ランドローバーの英エンジン・マニュファクチャリング・センター
  • ジャガー・ランドローバーの英エンジン・マニュファクチャリング・センター
  • ジャガー・ランドローバーの英エンジン・マニュファクチャリング・センター
  • ジャガー・ランドローバーの英エンジン・マニュファクチャリング・センター
英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは10月30日、エンジン・マニュファクチャリング・センターを英国に開業した。

エンジン・マニュファクチャリング・センターは、ジャガー・ランドローバーが5億ポンドを投資して建設。同社のエンジン生産の中核拠点に位置付けられる。

同センターで組み立てられるのは、ジャガー・ランドローバーの新世代エンジン、「インジニウム」。パリモーターショー14で発表されたジャガー『XE』に搭載される2.0リットル直列4気筒が、最初のインジニウム ユニット。ランドローバー車にも近い将来、インジニウムが搭載される予定。

また、同センターは、1400名の雇用を創出する計画。サプライヤーまで含めれば、5500名の雇用が見込まれており、ジャガー・ランドローバーは、地元への貢献を高めていく。

開業記念式典には、ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペスCEOが登壇。「エリザベス2世の我々のエンジン・マニュファクチャリング・センターへのご来場を、ジャガー・ランドローバーは心から歓迎する」と挨拶している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集