【スバル レガシィ 新型発表】「スバルの卓越した機能」の表現を色濃くしたエクステリア

自動車 ニューモデル 新型車

スバル レガシィ B4
  • スバル レガシィ B4
  • スバル レガシィ B4
  • スバル レガシィ B4
  • スバル レガシィ アウトバック リミテッド
  • スバル レガシィ アウトバック リミテッド
  • スバル レガシィ アウトバック リミテッド
  • スバル レガシィ アウトバック リミテッド
  • スバル レガシィ アウトバック リミテッド
フルモデルチェンジしたスバル『レガシィ』。6代目となる新型は、スバルの製品が持っている性能や価値が見た目でも感じられるようにデザインされたという。

「レガシィは世界で販売するクルマではあるが、もともとは日本で育ててもらったブランドなので、日本の方にも応えられるようなデザインにしたかった」と話すのは、富士重工業スバル商品企画本部デザイン部主査の板野龍仁さん。

そこで、「5代目から6代目に変わるに当たり、よりスバルの製品が持っている性能や価値が見た目でも感じてもらえるようにしたいと思った」という。

板野さんは、「4代目までは無駄のない大きさで、スポーティ感をウリにしてきた。しかし、5代目では少しあくが強くても、グローバルに通用する存在感を意識したデザインとなり、パッケージングも大幅に変更された」と振り返る。その結果として、「スバルの卓越したAWDという駆動システムや安全ボディなどへの表現がちょっと弱まっているなと感じていた」と振り返る。

そこで新型は、「5代目で大きくステップアップしたパッケージングなどは好評だったので、そこはキープしながら、余り味付けを濃くせずに、中身の素材の良さが外に表れることを最優先にデザインした」と述べる。

具体的には、「最高水準の安全ボディの中は、広い室内空間が確保されているが、単に広くて鈍重なクルマに見えてはいけないので、スバルの製品が持っている性能や価値、つまりスバルの卓越した全車AWDシステムなどの機能を、フェンダーとタイヤなどの足周りで表現した」と板野さん。「ボディをしっかりと支えて、どんな環境下でも俊敏に走れるような、足回りが勝っているというバランスを、スバルのフラッグシップとして持たせたいと思った。バランスとプロポーションで感じさせたいのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集