【スバル レガシィ アウトバック 新型発売】クロスオーバーコンセプトに磨きをかけ主力車種へ[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
  • スバル レガシィ アウトバック
富士重工業は10月24日、スバル『レガシィ アウトバック』をフルモデルチェンジし、同日より発売した。レガシィ アウトバックは、SUVの走破性とステーションワゴンの機能を併せ持つクロスオーバーモデル。今回の新型では、基本的な走行性能の追求や機能性の拡充など、スバル独自のクロスオーバーコンセプトととして磨きをかけた。

パワーユニットには、2.5リットル水平対向4気筒(自然吸気)ガソリンエンジンを搭載。最高出力175ps/5800rpm、最大トルク235Nm/4000rpmを発揮する。また、トランスミッションには6速マニュアルモード付きリリニアトロニック(CVT)を採用した。

ボディサイズは、全長4815×全幅1840×全高1605mm、ホイールベースは2745mmとなっている。

また、安全機能として最新の運転支援システム「EyeShight Ver.3.0」を標準装備した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集