【SEMAショー14】ファルケン、モータースポーツでの技術を流用したタイヤを紹介

自動車 ビジネス 海外マーケット

住友ゴム、「SEMAショー2014」にファルケンブースを出展(イメージ)
  • 住友ゴム、「SEMAショー2014」にファルケンブースを出展(イメージ)
住友ゴム工業は、北米タイヤ販売子会社であるファルケン・タイヤが11月4日から7日までラスベガスで開催される「SEMA SHOW 2014」に、ファルケンブースを出展すると発表した。

「SEMA SHOW」は、米国自動車用品工業会(SEMA)が主催する世界最大級のアフターマーケットショー。

今回のファルケンブースでは、モータースポーツ活動で培った技術を投入して開発したフラッグシップタイヤ「AZENIS FK453」を紹介する。

また、今年発売したオールシーズンタイヤ「ZIEX ZE950 A/S」、2015年発売予定のオフロードタイヤ「WILDPEAK M/T」など、ファルケンの最新ラインアップを紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集