クラシックカーラリー始まる、119台が1200km走破めざして…La Festa Mille Miglia2014

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ブガッティ・T35C
  • ブガッティ・T35C
  • ブガッティ・T35C(右)とT35(左)
  • パガーニ・ランチアPS147スポルト
  • La Festa Mille Miglia2014開催
  • ラリー・NCP
  • La Festa Mille Miglia2014開催
  • アストンマーチン・DB2-4
  • フィアット・1100TV
10月17日、La Festa Mille Miglia 2014が開幕した。主催はBS朝日とFORZA。20日にかけて3日間、約1200kmの距離をクラシックカー達が駆け抜ける。

このイベントは、1919年から1967年の間に生産されたオリジナルクラシックカーに参加資格があり、18回目となる今回は119台がエントリーした。

17日は、東京原宿の明治神宮をお昼前にスタート。参加者は一路群馬県のサイクルスポーツセンターを目指し、その後新潟県の湯沢・NASPAニューオータニへゴールした。翌18日は湯の丸や嬬恋村を経由し軽井沢にゴール。19日は富士スピードウェイなどを通過し箱根へ。最終日はスタート地点であった明治神宮へゴールする予定だ。走行距離は合計約1200kmに及ぶ。

このイベントには、3つの基本精神がある。それは古いものに敬意を持とう。いくつになっても少年の心を持とう。最後は、友情の輪を広げようということだ。その言葉通り、明治神宮では参加者同士、笑顔であいさつを交わしながらスタートを切っていた。

参加者にはタレントの堺正章氏や近藤真彦氏、クレイジーケンバンドの横山剣氏らの姿もあり、多くの観客に手を振りながらスタートして行った。また、過去にこのイベントに出場経験がある元F1パイロットの鈴木亜久里氏が応援に駆け付け、スターティングフラッグを振っていた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集