尼崎駅の増設駅舎、11月29日から使用開始

鉄道 企業動向

尼崎駅の増設駅舎は11月29日から使用を開始する。画像は増設部改札口のイメージ。
  • 尼崎駅の増設駅舎は11月29日から使用を開始する。画像は増設部改札口のイメージ。
  • 増設駅舎内には新たに8店舗がオープン。セブン―イレブンなどが出店する。
  • 尼崎駅全体の平面図。増設駅舎は自由通路を挟んで既設駅舎の大阪方に設けられる。
JR西日本は10月17日、尼崎駅(兵庫県尼崎市)で進めてきた橋上駅舎の増設工事などがこのほど完成し、11月29日から使用を開始すると発表した。

増設部は自由通路を挟んで既設駅舎の大阪方に整備された。乗換通路は今年6月28日から先行して使用を開始している。延床面積は約2700平方mで、改札口などのほか上下エスカレーター、店舗スペース(約1000平方m)を備える。これに伴い、JR西日本の駅売店「セブン―イレブン ハート・イン」や書店、ラーメン店など8店舗が新たにオープンする。

このほか、ホームの屋根も延伸。1・2番線ホームと7・8番線ホームの屋根は12両に、3・4番線ホームと5・6番線ホームの屋根は10両に、それぞれ対応する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集