【リコール】ホンダ フォルツァ Si、燃料ポンプ不具合で再始動できないおそれ

モーターサイクル 企業動向

ホンダ・フォルツァ Si
  • ホンダ・フォルツァ Si
  • 改善箇所
タイホンダは10月16日、『フォルツァ Si』の燃料ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『フォルツァ Si』1車種で、2013年4月9日~2014年9月16日に製造された計4328台。

燃料ポンプ内の樹脂製ブラケットの材質が不適切なため、製造時に使用した試験油に長時間浸漬されると、使用過程において、当該ブラケットが膨張し、インペラと干渉することがある。そのため、そのまま使用を続けると、干渉部の抵抗が大きくなり、最悪の場合、干渉部から生じた磨耗粉がブラケットとインペラ間に噛み込むと、燃料ポンプが停止してエンストし、再始動できなくなるおそれがある。

全車両、燃料ポンプユニットを対策品と交換する。

不具合は10件、軽傷事故が1件発生している。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集