日産、リーフ と LEAF to Home を活用したエネルギーマネジメントの実証実験を開始

自動車 ビジネス 企業動向

日産・LEAF to Home
  • 日産・LEAF to Home
  • 日産リーフ(参考画像)
日産自動車は電気自動車『リーフ』と電力供給システム「LEAF to Home」を活用したエネルギーマネジメントの実証実験を10月より開始した。

実証実験は、エナリスのインセンティブ型ディマンドリスポンス実証実験に、日産が参加するもの。日産は、神奈川日産自動車の店舗で日産リーフとLEAF to Homeを使い、実証実験に取り組み、エネルギーマネジメントにおけるEVバッテリーの有効性を検証する。

ディマンドリスポンス(DR)とは、エネルギーの供給状況に応じて、需要側の消費パターンを変化させることで、より効率的な電力システムを構築するための方策。電力会社の依頼に基づき、ビルや工場などのエネルギー管理を手掛けるアグリゲーターが需要家に節電要請を行い、その対価としてインセンティブを支払う。

節電要請時にエアコンや照明の操作によって節電を行うことが一般的だが、V2H(Vehicle to Home)ではEVから建物に電力を供給すると照明等を消灯することなく系統電力の負荷を低減でき、商業施設などの節電が困難な施設においても有効な手段になると考えられる。

実験では、V2Hを活用したピークカットの有用性やインセンティブによる経済性の効果・検証・分析を行う。例えば、営業中に点灯している店舗ショールーム等の照明にV2Hを接続し、節電要請があった際にV2Hから照明に電力を供給することで、系統電力の負荷を低減し、その対価としてインセンティブを受け取る。今回の実証期間(2014年10月~2015年1月)では、平日8時から20時の間の3時間、月2~3回の節電要請を受ける予定となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集