【F1】ビアンキ、今も深刻な状態が続く…家族が声明を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F1日本GPで事故に見舞われたジュール・ビアンキの回復を願い、集合写真が行われた(WEC第5戦)
  • F1日本GPで事故に見舞われたジュール・ビアンキの回復を願い、集合写真が行われた(WEC第5戦)
  • ジュール・ビアンキ(マルシャ)
  • F1 第16戦 ロシアGP 決勝
  • F1 第16戦 ロシアGP 決勝
  • F1 第16戦 ロシアGP 決勝
  • F1 第16戦 ロシアGP 決勝
5日に行なわれたF1日本GPで大クラッシュを喫したジュール・ビアンキ。事故から9日経った14日夜に、家族がマルシャF1チームを通じて声明を発表。彼の最新の状態を明らかにしてくれた。

事故後、”びまん性軸索損傷”と診断され、緊急手術を受けたビアンキ。今も三重県四日市市にある三重県立総合医療センターの集中治療室で治療が続けられており、非常に深刻な状態が続いているとのことだ。

先週末もF1ロシアGPをはじめ、富士スピードウェイ開催されたWEC第5戦、その他のレースでも多くのドライバーがビアンキの回復を願ったメッセージ入りのステッカーをヘルメットやマシンのボディに貼り、レース前に全員でメッセージボード前で写真撮影が行われた。

これについて家族は「世界各国のモータースポーツ関係者とファンからの応援に感謝している。特にロシアGPで観られた数々の愛情がこもったシーンには凄く元気づけられた。」とコメントを発表している。

現在はビアンキの両親、親戚に加え親しい友人も病院に駆け付け、彼の1日も早い回復を願っている。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集